uHoo 空気センサー「温度」について

uHoo 空気センサー「温度」について

現在、GREEN FUNDING by T-SITEにてクラウドファンディングを実施中の「uHoo」について詳しい仕様をご紹介していきます。

uHooに搭載されている「温度」センサーについて

  • 気温 Temperature
  • 湿度 Humidity
  • 気圧 Air Pressure
  • 二酸化炭素 Carbon Dioxide
  • TVOC(総揮発性有機化合物量) Airborne Chemicals
  • PM2.5 Particulate Matter
  • 一酸化炭素 Carbon monoxide
  • 二酸化窒素 Nitrogen Dioxide
  • オゾン Ozone

これらのセンサーの仕様について、ひとつずつご説明します。

気温(Temperature)測定仕様

測定可能域: -40℃ – 85℃
刻み単位 : 0.1℃
許容誤差: ±0.5℃
 

温度は人体に影響を与えます。人々が快適に感じる温度の範囲があります。
その範囲を超えると人は不快に感じ、精神的や肉体的な能力が損なわれる場合があります。また、低すぎる温度を設定すると、壁や家具の表面に結露が生じ、カビが発生するリスクが増加します。

世界保健機関(WHO)では約18℃が快適に過ごせる標準だと定義しています。

もし、気温に異常を検知したときは、通気口を調節して、冷暖房、換気および空調をコントロールしましょう。これは室内の温度を調節するためにもっとも良い方法です。 温度調整をするスマートサーモスタットや空気センサーシステムを用意することで、温度調節が自動的に可能になり、常に温度を快適に保てます。

あるいは、専門家に連絡をして、エアコンやかまど、及び通気口をチェックしてもらうことも大切です。エアコンなどで温度調節ができず、温度バランスが悪い場合は、扇風機などを併用して別の部屋に空気を送り込むことも大切です。

GREEN FUNDING にて出資者募集中!10月31日まで!

【新聞掲載】『日経MJ 8月21日号』の「注目の一品」にて、WT2 Plusをご紹介いただきました

日本経済新聞社が発行している消費と流通、マーケティング情報に特化した専門紙『日経MJ 8月21日号』の「注目の一品」にて、「WT2 Plus」をご紹介いただきました。

専用イヤホンと、無料アプリの連携により、相手の顔を見ながら互いの言語で話すことができるのが特徴の「WT2 Plus」。

一般的な音声翻訳機は手で持って使うタイプが主流で、イヤホン型は珍しい。

日経MJ 8月21日号

と、紙面ではご紹介いただいております。

FOCAL POINT