uHoo 空気センサー「湿度」について

uHoo 空気センサー「湿度」について

GREEN FUNDING by T-SITEにてクラウドファンディングを実施中の「uHoo」について詳しい仕様をご紹介していきます。

uHooに搭載されている「湿度」センサーについて

湿度 測定仕様

測定可能域: 0% 〜100%
計測単位 : 0.1%
許容誤差: ±3%
 

湿度は、空気中にある水蒸気の量を指します。

水蒸気は、水の気体状態であり、肉眼では見えません。 部屋の湿度はパーセンテージによって表示され、部屋の湿度を表します。 人間は自分の体の調節をするために、湿度が重要です。高湿度になると、肌の蒸発速度に影響します。

しかしまた、空気中の水蒸気はカビを作る原因となり、高湿度になるとカビのリスクが高くなります。

湿度の理想的な範囲は、30%から50%です。 50%以下で湿度を保つと、チリダニやカビ、バクテリアの蔓延も防ぐことができます。さらに低い湿度レベルは、TVOCの排出量を減少させます。

冬に起きる低湿度は、乾燥肌、喉のイガイガや目のかゆみを引き起こす可能性があります。肌が乾燥し、湿疹などを悪化させる場合があります。

インフルエンザウイルスのようなウイルスは、低湿度の中では、長時間生き残ることができます。

最後に、低湿度は、木工や家具などを収縮させ、隙間を作り、損傷を引き起こす可能性があります。

湿度の対策は…?

こぼしてしまった液体や、キッチンなどの余分な水分を除去することで、空気中に蒸発する水分をへらすことができます。洗濯物を放置せず、蓋などをしめて水分が外へ出ないようにしてください。

エアコンを使用すると空気が乾燥されて、水分が除去されます。また、温度を上げることで水分を減らし湿度を下げることもできます。

調理や入浴の際には換気扇を動作させるか、または窓を開けるなどの確認をして、新鮮な空気をいれてください。

もし空気が乾燥しすぎている場合は、暖房などの近くに濡れたタオルなどを置くのも有効です。

GREEN FUNDING にて出資者募集中!10月31日まで!