このたび、フォーカルポイントは、リアルタイムで空気品質を測定、記録する空気モニタ「uHoo」の「ビジネスアカウント」についてリリースいたしました。今回、この「ビジネスアカウント」について解説いたします。

一般のご家庭でのご使用

まず、大前提として「uHoo」は、本体(ハードウェアデバイス)を購入すれば、iOS版、Android版のアプリを無償でダウンロードして、個人、法人問わず、どなたでも「室内の空気品質」をモニタリングすることができます。

また、設置した1台の「uHoo」を複数のスマートフォンから確認することができます。たとえば、リビングに設置した「uHoo」を、お父さんのAndroid、お母さんのiPhone、息子や娘のiPadにアプリをインストールすれば、それぞれのアプリに測定結果を表示することができます。

一般的なご家庭や、小さなオフィスであれば、数台(最大10台)までの「uHoo」の運用で、空気品質の監視と改善をする利用者が数名であれば、通常アカウントでも問題ないことが多いでしょう。

一般的なご家庭では「通常アカウント」でも十分です

オフィスや商業施設、研究機関での使用

オフィスなどで複数台の使用を検討していたり、あるいは空気品質の研究を実施している大学や研究機関では、通常アカウントでは機能が足りないと感じる場合もあるはずです。

ぜひ、uHooの「ビジネスアカウント」を活用してみましょう。

uHooで計測したデータのエクスポートや、APIによるアプリ開発なども可能です。

アカウントの機能を比較表にあらわしました。まず、ご覧ください。

uHoo アカウントの比較

通常アカウントビジネスアカウント
料金無料有料(サブスプリクション)
uHooの接続デバイス台数最大10台無制限
計測項目9種類9種類
IFTTT対応
ダッシュボード機能
ユーザ、アクセス管理機能
APIへのアクセス
計測比較機能
エクスポート
フロアの2D/3D表示
ウイルスインデックス

uHoo ビジネスアカウントの利用は、次のような場所におすすめです。


飲食店、ホテル、商業施設の場合

席数が多いカフェやレストランのような飲食店、複数の部屋の空気管理が必要なホテルやショッピングモールのような商業施設の場合、その空間の空気管理を各スタッフがスマートフォンからの通知を受けて管理をしながらも、全体での監視が求められます。

また、デジタルサイネージのような大画面で施設内の空気を一覧表示させることで、他の施設との差別化を計りたい。といった声もあります。

ビジネスアカウントであれば、APIへのアクセスが可能ですので、このようなニーズにも十分、応えることができます。

旅先でも安心してご滞在いただくために

学校、幼稚園、病院の場合

学校や幼稚園の場合、保護者からのリクエストで空気品質の開示を求められる可能性が考えられます。

また、病院では、まさに空気品質こそ大切な要素として各病室やロビーなどを一限管理したいという声もあります。

こんなニーズにも、ビジネスアカウントは応えられます。

学校や幼稚園でも健康的な空間を確保

オフィス、工場、倉庫の場合

オフィスはもちろん、工場や倉庫などのように、業務内容と空気品質が直結する環境のなかで、従業員の健康を守るためには空気品質の管理が必要です。

ビジネスアカウントであれば、倉庫や工場内の空気品質を管理し、常に空気品質が改善できるように従業員に案内したり、IFTTT対応機器の導入により自動化されたシステムを構築することもできます。

導入をご検討のかたへ

uHooビジネスアカウントの導入をご検討のかたは、ぜひフォーカルポイントまでお問い合わせください。なお、価格は導入規模によって変わります。詳しい内容や価格などお見積もりさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

アプリが違います

「ビジネスアカウント」は使用するアプリが変わります。

uHoo Business iOS
https://apps.apple.com/jp/app/uhoo-business/id1228009134

uHoo Business Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.uhooair.biz&hl=ja


最新の記事