渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンにAfterShokz OpenCommが登場!

骨伝導ワイヤレスヘッドホン・ブランド AfterShokz OpenCommのCMが、渋谷駅前のスクランブル交差点に位置する109フォーラムビジョンに、本日より配信が開始されました。

フォーカルポイント株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、AfterShokz(アフターショックス)社の骨伝導ワイヤレスヘッドホン OpenComm(オープンコム)のCMの放映が2021年4月1日より開始されたことをお知らせいたします。

クラウドファンディングで8,200万円以上の支援を集めた骨伝導ヘッドセット OpenComm(オープンコム)

「AfterShokz OpenComm(アフターショックス ・オープンコム)は、GREEN FUNDINGにて10月22日のプロジェクト開始直後26分にて目標金額に達成、8,200万円以上の支援額を集めた製品です。

折りたたみブームマイクを搭載し、リモートワークでのオンライン会議やLINE通話、一般的な電話回線を通した通話などに最適な製品として「隣の人の声も、遠く離れたオンライン上の人の声も聞き逃さない」製品として、現在、大ヒットしている製品です。

2020年10月のクラウドファンディング登場時は、スレートグレー(AFT-EP-000026)のみのカラーでしたが、12月の一般販売時には、ライトグレー(AFT-EP-000027)も登場。そして、2021年3月には、皆様の声にお応えするかたちで、黒一色に統一されたブラック(AFT-EP-000028)がラインナップされました。
OpenComm

AfterShokzの骨伝導ヘッドホンが、2020年骨伝導ヘッドホン売上数No.1、販売台数シェア81.2%を記録!

2020年1月〜12月BCNランキングデータより、AfterShokzブランドの骨伝導ヘッドホンが、マイク付きヘッドホン(ヘッドセット)ジャンルにおいて「骨伝導型」売上台数1位、販売台数シェア81.2%を記録(※1)しました。

AfterShokzの主要製品

スポーツヘッドホンを再定義した Aeropex(エアロペクス)

2019年夏に登場したフラグシップモデル。ヘッドホンで音を聴きながらも、耳を塞がず、周囲の音を聞き逃さない最高級モデルです。4色のカラー展開で、渋谷、新宿、秋葉原などの各家電量販店でご試聴いただけます。Aeropex

学生のリモート授業にも最適な Aeropex Play(エアロペクス・プレイ)

2020年11月に登場したばかりの小型サイズ。Aeropexの基本性能はそのままに小型化。小学生、中学生はもちろん、大人の女性にもおすすめのサイズで、スポーツシーンはもちろん、学習塾や大学のリモート授業やリモートワークなどにも最適です。

クラウドファンディング実施中の骨伝導ヘッドセット OpenComm(オープンコム)

本日11月30日まで実施中のクラウドファンディング「AfterShokz OpenComm(アフターショックス ・オープンコム)は、10月22日のプロジェクト開始直後26分にて目標金額に達成、すでに7000万円を突破するプロジェクトです。本クラウドファンディングは期間残りわずかですが、本日(11月30日)23:59まで受付中です。

「はじめての骨伝導」に最適なエントリーモデル OpenMove(オープンムーブ)

2020年9月に登場したエントリーモデル。AfterShokz製品の持つ「骨伝導テクノロジー」を気軽に体験するために手に取りやすい価格で登場。スポーツ、ワークアウトはもちろん、オフィス、キッチンなどさまざまなシーンでご使用いただけます。

水中でも使用可能な骨伝導ヘッドホン型オーディオプレーヤーXtraienrz(エクストレーナース)

AfterShokz ヘッドホンのなかで唯一、完全防水性能IP68を持つ骨伝導ヘッドホン型オーディオプレーヤーです。

アースカラーが特徴的なAfterShokz Air(アフターショックス ・エア)

AfterShokz Airは高い防塵防水性能、キャニオンレッドやミッドナイトブルーなどの特徴的なカラーバリエーションのラインナップとなっています。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレス ヘッドホン テレビ用 トランスミッター付き

 

 
 

109フォーラムビジョンについて

放映場所 渋谷109フォーラムビジョン
住所 〒150-0041東京都渋谷区加美南1-23-10
放送時間 毎日1時間に1回15秒(1日15回)

AfterShokzについて

2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。特許を取得した骨伝導技術を取り入れたヘッドホンで「すべての人が使える」をテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しています。 

FOCAL POINT