Hooke Audio(フックオーディオ)は2014年にアンソニー・マッタナ(Anthony Mattana)によって設立されました。彼のキャリアは、演劇のサウンドデザイナーおよび作曲家として始まりました。そして、Live Design Magazineから「Young Designer to Watch」として紹介されるなど、音を通してストーリーを語るプロフェッショナルです。アンソニーは、25歳のときに劇場で利用できるプロのオーディオツールとしてスマートフォンを使用することを決意し、音の記録に臨場感をもたらすHooke Audioを発明しました。

 

 

メディア掲載『PREMIUM HEADPHONE GUIDE vol.23』

メディア掲載『PREMIUM HEADPHONE GUIDE vol.23』

音元出版より、2019年12月下旬より全国家電量販店などで配布されているフリーマガジン『PREMIUM HEADPHONE GUIDE vol.23』にて、フォーカルポイント取扱製品をご紹介いただきました。 ふたつの骨伝導、あなたはどっち? AfterShokzの最新の骨伝導ヘッドホン、Aeropex、Xtrainerzの比較記事で紹介いただきました。 バイノーラル録音なら思い出が特別なものに! バイノーラルマイク付きワイヤレスイヤホン 「Hooke Verse」をご紹介いただいています。...

続きを読む
これからの映像記録は臨場感たっぷりのバイノーラルへ!『Hooke Verse』販売開始。

これからの映像記録は臨場感たっぷりのバイノーラルへ!『Hooke Verse』販売開始。

まるで、その場にいるかのような立体的なオーディオの録音が可能!Youtube、Podcast、Instagram、Facebookでの動画共有、家族の思い出記録にもおすすめ! フォーカルポイント株式会社は、バイノーラル録音可能なヘッドホン「Hooke Verse」を開発するHooke Audio社と総代理店契約を締結。2019年12月6日より日本国内での販売を開始いたします。 フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、Hooke...

続きを読む