Netatmoウェザーステーションで測定した世界中の天気をマップで見られるようになりました。

Netatmoウェザーステーションで測定した世界中の天気をマップで見られるようになりました。

こんにちは、マーケティング部です。仏Netatmo社が、国内では弊社が販売しているパーソナルウェザーステーション「Netatmo ウェザーステーション」で計測された世界中の屋外データをGoogleマップで見られるサービスを開始しました。→Netatmoウェザーマップ

PCや、iPhone、スマートフォンからNetatmoウェザーマップにアクセスするとGoogleマップ上に複数のピンが立っていて、色別で気温が表示されます。世界各国のNetatmoウェザーステーションユーザーの屋外ステーションで計測した気温・湿度・大気圧データを閲覧できます。
基本的にはGoogleマップを使っているので拡大縮小も自由自在です。日本にズームインしてみました。

ウェザーステーションの測定データをもとに、日本各地にピンが立っています。旅行や出張の出発前にこのマップを見て、天気予報に加えてリアルタイムな気温を参考にする、という使い方もできます。

海外への出張だとなおさら現地の天候が気になりますが、そんなときもNetatmoのウェザーマップを見てみると、その地域の気象の傾向がわかります。例えば、来年早々に展示会が開催されるラスベガスは、現在3℃ほどの寒さのようなので、色々な覚悟や用意を迫られそうです。
ウェザーステーションのデータはあくまで屋外のみを転送しているので、屋内モジュールで測定できるCO2濃度などは共有されませんが、もちろんデータを共有しないこともできます。このエントリーでは共有しない設定方法もご紹介させていただきます。

アプリケーションを起動して上記の手順で共有設定を変更することができるので、ご参考ください。
Netatmoウェザーマップは、ウェザーステーションを持っていなくても閲覧することができるので、まずはマップにアクセスしていただくと面白いと思います。
Netatmoウェザーステーションのご紹介記事はこちらより、製品情報はこちらよりご覧くださいませ。