投げるワイヤレス魚探「Deeper」を使ってみた ボート編

投げるワイヤレス魚探「Deeper」を使ってみた ボート編

こんにちは、代表の西山です。

3時起きです。先日は、早朝便で北海道のAUGMに参加するために4時起きでしたが、この日はそれよりも早い3時起き。早起きすると1日が長いので、得した気分になれますが。さて、発売中のスマホ連動の魚群探知機「Deeper」のテストのために、先日東京湾までテストに行ってきましたので、ブログに結果などをアップしたいと思います。釣りに興味のない方には、まったく縁のないポストとなりますが…。

本当なら100m程度の水深のある場所で、テストを行いたかったのですが、あいにくこの日は、台風の影響により、うねりが残っており沖に出ることが困難で、ライフジャケットが活躍しそうな事が容易に予想できるような海のコンディションだったので、ひとまずは潮の落ち着いた湾内でのテストとなりました。深場でのテストは、また別の機会に行いたいと思います。

Deeperとは

スマホと連動するワイヤレスの魚群探知機です。魚群探知機も仕組みを紐解けば、センサーとソフトウェアを組み合わせて動作する機器であり、これまでの専用機と違い、ソフトウェアのアップデート、魚群探知機自体の設置が簡単に行えるのが大きな特徴です。

これまでの魚群探知機の場合、センサーとなる振動子の設置や配線の取り回しなどで、数時間から多くて数日を要することもありましたが、Deeperの場合には、必要な物はDeeperとスマホだけなので、買ったその日からすぐに使用できるのもポイントだと思います。

Deeperと普通の魚群探知機を比較してみた

比較したのは、葵ソニックから発売されている「海探R」というモデルで、GPSプロッター付きの魚群探知機です。

同じ数値でもちろん出ます

船に取り付けた魚群探知機と同じ場所を探れるように、船のすぐ横に浮かべるようにしてテストを行ってみました。厳密に言えば、船に付いている魚群探知機の干渉もあるため、魚を探るという事では正確な結果が得られない可能性があるので、ひとまずは水深探知の能力チェックです。

結果は、葵ソニックで「19.8m」、対してDeeperも同じ「19.8m」と全く同じ数値となりました。この後に、場所を変えて数回テストを行いましたが、場所によって数十cmの誤差が出る場合もありましたが、結果としては同じ数値がとれていました。

少し場所を変えて、探る。どちらも「20.0m」を表示しています。

ここでは、10cm誤差が出て、葵ソニックが「20.0m」、Deeperが19.9mを表示。もっとも本来の校正値がどっちなのか、という問題もありますので、葵ソニック側が誤差である可能性も否めなくないとは思います。

Deeperの可能性を探る

深場のテストが出来ないので、投げられるメリットを活かした可能性を探ってみることにしました。東京湾に限りませんが、ほとんどの都道府県では岸壁や停泊している船舶に対して、30m以内の立ち入りが制限されていることがあります。釣りの場合にも、同様で魚がいかにも居そうなポイントに近づくことが出来ません。つまり、魚がいるのかどうか、やってみないと分からない状況です。上のイラストのような状況です。

魚探を掛けても無意味?

ここに船に固定した魚群探知機を掛けてみても、岸壁やバースについた魚が映ることはありません。そもそも近寄ることが出来ないので、探ることが出来ないのです。イラストの黄色い部分が魚群探知機で探れる範囲で、一般的な魚群探知機で採用されている55度の探知角度の場合、20mの水深でやく直径20mの範囲しか探ることが出来ないのです。魚群探知機によっては、より広い角度で探ることができる機種もありますが、それでも岸壁直下を探ることは到底不可能です。

船が入れないなら投げる

Deeperなら、キャスティング出来るので岸壁付近にキャストすれば、直下の状況をダイレクトに探ることができるのです。魚が付いているレンジや群れのサイズ、シーバスなどのフィッシュイーターであれば、単体魚として映りますし、なによりシーバスなどの場合、釣りのキーとなるベイトフィッシュが遊泳しているレンジを的確に探ることができます。

これを活かして、実釣編

船の入ることが出来ないバースを探ることにしてみました。シーバスを探して探知してみたものの、あまり数が多くないようなのでターゲットを青物に変更してみました。実際に探ってみると、水深は12m、そして魚が2つのレンジに分かれているのがわかります。下の層がアジで、上の層がカマスでした。Deeperで記録したデータは、履歴として保存されるので、あとで見返すことも可能です。

仕掛けは、普通のサビキに重りの代わりにジグを付けて、ジグサビキをキャストします。あとは狙うレンジに合わせて、ただ巻きで引いてくるだけでOKです。

レンジが分かるお陰で、簡単に魚を釣ることが出来ます。この日は、合計してカマスが30匹、アジが20匹ほどの釣果で、1時間程度で簡単に釣ることが出来ました。

Deeperがあるおかげで、普段は想像の範囲でしかない水中の様子が手に取るように分かります。これまでにない情報を元に、釣りの組み立て方も大きく変えることが出来ると思います。

FOCAL POINT

最新の記事
iPhone 7を4日間使ってみて、おすすめしたいケース。

iPhone 7を4日間使ってみて、おすすめしたいケース。

こんにちは、代表の西山です。

先週発売になったiPhone 7。販売も好調なようで、SNSなどで予約したけれど、数ヶ月待ちなどの投稿を多く目にしました。私は、予約日の9日16:01に合わせてMacの前に張り付いて予約をしたので、運良く1台を発売日に入手することが出来ました。

先週16日の発売から約4日間使ってみましたが、これまで愛用していたiPhone 6sに比べて動作がキビキビしていて、とても快適です。一部で否定の声も多かった可動部を廃止したホームボタンですが、私はむしろ可動部がないホームボタンの方が好みで、最初の数時間は戸惑うこともありましたが、今ではiPhone 7のホームボタンの方が自然に感じるようになりました。

今回のiPhone 7では、Suicaの採用やイヤホンジャックの廃止など、いろいろなアップデートがありましたが、個人的には防水(公式には防滴)になった事が一番のメリットだと感じています。先日もスマートフォンで使える魚群探知機「Deeper」のテストで、ずぶ濡れになりながらiPhone 7を使わざるを得ない状況になりましたが、水がいくらかかろうと問題なく使用できるのは、非常に良いポイントだと感じています。

少々長くなりましたが、今回は当社で発売したケースについて紹介したいと思います。第1弾は、耐衝撃も有りながら気軽に使える「Hybrid Shell(ハイブリッドシェル)」という製品です。

2つの素材をイイトコ取りしたケース

Hybrid(異種のものを組み合わせたもの)という言葉通り、このケースにはポリカーボネートとTPUという2つの素材が組み合わせて使用されています。ポリカーボネートは、一般的なハードタイプのクリアケースなどに採用されている非常に頑丈な素材ですが、iPhoneケースという特性上、薄く作らなければならないので、落とした時に割れてしまったりすることがあります。もう一つのTPUという素材は、正式には熱可塑性ポリウレタンと言うもので、ゴムのように柔らかい高分子素材でポリカーボネートに比べて柔らかく、シリコンなどに近い素材の感触です。この2つの素材を各部で使い分けることで、ポリカーボネートの頑丈さとTPUの耐衝撃を併せ持ったバランスのよいケースに仕上がっています。

四隅でしっかり衝撃吸収します

落下時の衝撃を吸収する「エアクッション」機構を採用しているので、しっかりと落下の衝撃を吸収してiPhoneへのダメージを軽減させることが出来ます。クリアケースの部類では、衝撃吸収などの機能を持ったケースはあまりありませんが、Hybrid Shellならクリアケースであっても安心してガシガシ使えるのが良いポイントです。

動画で撮ってみました

iPhone 7を使って、Hybrid Shellに入れたiPhone 7の落下を撮ってみました。少々分かりにくいかもしれませんが、撮影の為に、縦撮り、横撮りなどを試したので、数回落としていますがiPhone問題なく使用できます。次回の記事では、このあたりを動画を交えてもう少し詳しくアップしていきたいと思います。

グリップ感がとても良いんです

ケースの形状も握りやすいアーク状のグリップを採用しているので、手に馴染むような間隔でiPhoneを持つことができます。某飲料メーカーのペットボトルなどで採用されている「〇〇〇〇ボトル」に近いイメージです。また、両サイドには立体のドット加工を計44個があり、この小さい突起もグリップの良さに一役買っています。

防水なんだから、もしもに備えてストラップ付けられないと

海外メーカーのケースの多くにはストラップを付けられません。ストラップを付ける文化が日本だけの独自文化のようなので、ほとんどのメーカーではストラップホールを採用していません。折角iPhone 7が防水になったので、これまでの分厚い専用の防水ケースのお世話になることは少なくなると思います。防水機能が役立つシーンでは、個人的にはストラップは必須だと思います。いくら防水のiPhone 7でも、水の中に沈してしまっては元も子もありません。このケースなら、もしもの沈に備えてストラップが付けられます。

実際にボチャンしてみました

防水でもう一つ、この記事によれば、iPhone 7の正面向かって左側の元々スピーカーだった場所に、新しく気圧ベントというパーツが実装されているようで、ここが正しく動作しないと防水性能が担保できないような記述がありました。Hybrid Shellは、この部分を大きめに開けたデザインになっているので、気圧ベントに影響なく防水性能が担保できると思います。というか気になるので、実際にケースを付けてボチャンと水に入れてみました。

ケースの背面部分にわずかなスペースがあり、ここに専用サイズにカットした写真などを入れることが出来ます。もちろん写真などを入れなくても使用できるようになっていますが、お気に入りの写真などを入れれば、カスタムが楽しめる嬉しい機能だと思います。

ここから現在100種類ほどのテンプレートがダウンロードできます。社内でデザイン案を出していたので、私も世界の魚の鱗パターンシリーズを提案しましたが、全力で否定されました。悲しいです。

まとめ

Hybrid Shellは、こんな人にオススメです。

  • 耐衝撃機能は欲しいけど、分厚いケースは嫌だという人
  • クリアケースが欲しい人
  • TPUケースをこれまで愛用していた人
  • 防水機能のために、ストラップホールが必要な方
  • 釣り人

最後の1つは私の個人的な主観もありますが、iPhone 7は釣りでもガンガン使える防水仕様ですが、ストラップや耐衝撃は必須の機能かなと思いました。次回以降でアップしますが、先日の魚群探知機「Deeper」のテストでは、ストラップなしで挑みましたが、船から何度もiPhoneが落下しそうになり、本当にハラハラしました。

くどいですが、iPhone 7には個人的には耐衝撃とストラップは必須かなと思いました。次回は、また別な製品をご紹介したいと思います。

FOCAL POINT

最新の記事

イヤホン端子のないiPhone 7にもオススメ!通勤・通学から運動時まで幅広いシーンで活躍するaptX対応の高音質Bluetoothイヤホン「TW1」を発売。

フォーカルポイント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 西山 和宏 以下弊社)は、イヤホン端子のないiPhone 7ユーザーにもオススメな、通勤・通学での普段使いからワークアウト時まで幅広いシーンで利用できる、aptX対応の高音質Bluetoothイヤホン「TUNEWEAR TW1」を全国の家電量販店、雑貨店などを通じて発売いたします。

(さらに…)