『MonoMax 2020年 1月号』にて、AfterShokz Aeropexが紹介されました

『MonoMax 2020年 1月号』にて、AfterShokz Aeropexが紹介されました

宝島社発行の12月9日に発売された『MonoMax 2020年 1月号』にて、「AfterShokz Aeropex」が紹介されました。

路上ランナーにおすすめ

ランニングやジムでのトレーニング中のおすすめヘッドホンとして、オーディオ専門ライター、折原一也さんにご紹介いただきました。

『MonoMax』は、モノトレンド雑誌売上No.1のモノ系マガジンです。

FOCAL POINT

『Goods Press 2020年01・02合併号』にて、AfterShokz XtrainerzがGP AWARD 2019に選ばれました

『Goods Press 2020年01・02合併号』にて、AfterShokz XtrainerzがGP AWARD 2019に選ばれました

徳間書店発行の12月10日に発売された『Goods Press 2020年01・02合併号』にて、「AfterShokz Xtrainerz」がGP AWARD 2019に選ばれました。

プレーヤーを内蔵した新発想ワイヤレス

耳をふさがずに音楽を楽しめる骨伝導イヤホンに、WAVやFLACまで対応するオーディオプレーヤーが組み込まれている点が高く評価されました。

『Goods Press』では、生活家電やデジタルガジェットなど便利なモノ製品を紹介しています。

FOCAL POINT

AfterShokz 骨伝導ヘッドホンが「第14回湘南国際マラソン」に出展!

AfterShokz 骨伝導ヘッドホンが「第14回湘南国際マラソン」に出展!

最新の骨伝導ヘッドホンAeropexと、MP3プレーヤー搭載骨伝導ヘッドホンXTrainerzを体験!

フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、2019年12月1日(日)、大磯プリンスホテルで開催される「第14回湘南国際マラソン(主催:湘南国際マラソン実行委員会)」で、人気の骨伝導ヘッドホン AfterShokz(アフターショックス)の国内総代理店として、ブース出展をいたします。

第14回湘南国際マラソンは「『すべての人が“HAPPY”になる日』~HAPPY for ALL~」を基本コンセプトに、フルマラソンや10kmマラソン、ファミリーランなどの各種目に神奈川県内はもとより、県外あるいは海外出場枠も含めた約24,000人のランナーが参加する国際的なマラソン大会です。

BE OPEN – 耳を塞がないオーディオ体験

従来のヘッドホンは、耳を塞いでしまうために周囲の音が聞こえず、マラソンをはじめとするスポーツなどには向いていないと言われていました。しかし、「骨伝導ヘッドホン」は耳を塞ぎません。こめかみにイヤーヘッドが接するスタイルで、常に耳が開かれているため、自転車が近づく音、信号や踏切、駅のアナウンスにいたるまで聞き逃すことがありません。そのほか、ランニング中での音楽鑑賞は、時に汗や雨などでイヤーピースに不快感を伴う場合がありますが、耳を塞がないAfterShokzの骨伝導ヘッドホンであれば、衛生的に音楽を楽しむことができます。そのため、ジョギングや散歩、 通勤中でも安心してご利用いただけます。

第14回湘南国際マラソンのAfterShokzブースでは、最新の「骨伝導」技術を搭載したヘッドホン、オーディオプレーヤーをイベント特別価格にて販売いたします。

AfterShokz Aeropex

すべてはスポーツのために、極限までの軽量化と、最高の音質を追求し、 150を超える世界の特許技術を採用した骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。スマートフォンやPCなどとBluetoothで接続してオーディオを楽しむことができます。従来機種※と比較して15%の軽量化、専用のマグネット式充電ポートを搭載、Bluetooth 5.0を採用し、これまで以上に低音域のレンジをカバーするなど、より音質を追求したヘッドホンとしての性能と使いやすさを実現しています。
なお、本製品は一般販売前に実施したクラウドファンディングにおいて、実質14日間で目標額を大きく上回る2600%以上の出資を集めるなど、販売前から非常に多くの注目を受けました。また、グッドデザイン2019を受賞、VGP 2020を受賞するなど、非常に高い評価を受け続けています。
※AfterShokz AIRと比較した場合

  • GOOD DESIGN 2019 受賞
  • VGP 2020 骨伝導ヘッドホン部門 金賞

AfterShokz Xtrainerz(エックストレーナース)

骨伝導技術により、耳をふさがずに音楽を楽しめるヘッドホン型オーディオプレーヤーです。
4GBのストレージが内蔵され、MP3などのオーディオプレーヤー機能を搭載することにより、スマートフォンとのペアリングは必要ありません。
さらに、XtrainerzはIP68防水規格に準拠しておりスイミングにも対応。スポーツや通勤などの際の、突然の雨、激しい運動中の汗でもイヤホンが壊れる心配はありません。ランニング、ウォーキング、ジム、その他のスポーツにも利用いただけます。また、スイミングゴーグル、スイムキャップ、耳栓、などと併用できます。あなたのトレーニング、通勤、通学時間を楽しくします。
4GBのストレージには約1,200曲を保存しておくことができるため、マラソンやスイミングにも最適です。従来のスイミング向けヘッドホンは、防水のためにイヤーピースを深く差し込む必要があり、痛みや伝染病の原因とも言われていました。本製品は骨伝導技術により、耳を塞ぐ必要がないため、お好みのスイミング用の耳栓やキャップ、ゴーグルと併用することもできます。人間工学デザインの採用により丈夫で、簡単に装着できます。

  • VGP 2020 ポータブルミュージックプレーヤー(2万円未満)部門 受賞

骨伝導ヘッドホンは安心してランニングができるヘッドホンとして、多くのランナーから支持を受けています。

第14回 湘南国際マラソン

(英名:14th SHONAN INTERNATIONAL MARATHON)
【日時】2019年12月1日(日)AM6:00~PM4:00
【会場】大磯プリンスホテル
    神奈川県中郡大磯町国府本郷546
【AfterShokz ブース番号】26番

アフターショックス について

2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。特許を取得した骨伝導技術を取り入れたヘッドホンで「すべての人が使える」をテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しています。 

AfterShokz最新骨伝導ヘッドホンAeropexの新色「ソーラーレッド」。フォーカルポイントより家電量販店、オンラインショップで2019年11月27日より販売開始!

AfterShokz最新骨伝導ヘッドホンAeropexの新色「ソーラーレッド」。フォーカルポイントより家電量販店、オンラインショップで2019年11月27日より販売開始!

フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、AfterShokz(アフターショックス)社の骨伝導ワイヤレスヘッドホン Aeropex(エアロペクス)に新色「ソーラーレッド」の取り扱いを開始します。フォーカルポイントのオンラインショップおよび、家電量販店等で11月27日(水)より販売を開始します。

AfterShokz Aeropexは、AfterShok社の第6世代となる最新機種・骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。
クラウドファンディングでは、実質14日間で目標額を大きく上回る2600%以上の出資を集めました。Aeropexのイメージするカラーは「天体」。現在販売中のコズミックブラックは「宇宙」、ルナグレーは「月」、ブルーエクリプスは「日食」、そしてソーラーレッドは「太陽」を意味します。

AfterShokzの卓越したオーディオ品質、性能は世代を超えるごとに大きく前進しています。Aeropexは、従来機種※と比較して、さらに15%の軽量化、専用のマグネット式充電ポートを搭載、Bluetooth 5.0を採用しています。また、これまで以上に低音域のレンジをカバーするなど、ヘッドホンとしての性能と使いやすさを実現しています。
※AfterShokz AIRと比較した場合

耳を塞がない骨伝導ヘッドホン

私たちが「音」として聴いているのは「空気の振動で伝わる気導音」と「骨を通して伝わる骨導音」の2種類がありますが、最終的に振動を音としてとらえるのは、内耳にある聴覚神経です。Aeropexは「骨を通して伝わる骨導音」を利用しているため、耳を塞ぎません。そのため、自動車が近づく音や駅のアナウンスを聞き逃すこともなく、ジョギングや散歩、通勤中でも安心してご利用いただけます。

より小さな振動でしっかり聴こえる

Aeropexの振動は顔に対して30度の傾きになるように設計されています。この特殊構造により、従来機種以上に深みのある低音の再生を可能としながら、振動を小さく抑えています。これまでの骨伝導ヘッドホンでは装着部分の皮膚の振動が気になる…という意見をいただくこともありましたが、そんなかたにこそ、このAeropexはお試しいただきたいヘッドホンです。

300を超える世界の特許技術

AfterShokzは、 300を超える世界の特許技術を保有しています。これらの特許技術を採用することで高度な骨伝導ヘッドホンを実現しました。 これは単にイヤープラグが耳に入っていないということではありません。これまで常識とされていた「耳にイヤープラグを入れて音楽を聴く」というオーディオ体験の方法を「骨で聴く」に変えることにより、 耳で音楽を聴きながら、 同時に環境音を聞き取ることを可能にしました。
例えば、ジョギングなどのスポーツシーン、日々の通勤や通学、あるいは、映画鑑賞やゲームのプレイ、そして通話。Aeropexは、きっとあなたの想像以上に日々のライフスタイルを変える力を秘めているのです。

音域から高音域を聞き取りやすく

中音域から高音域周波数の再生クオリティを向上。これにより、人間の声が、従来機種以上に聞きとりやすくなっています。より純粋な声や音を骨伝導で聞くことができるのです。

着脱簡単なマグネット式充電ポート

Aeropexの充電ポートはマグネット式のため、ケーブルを近づけるだけで自然にポートと接合します。もしも、雨や汗などでポート部分が濡れている場合は、警告音が鳴って充電異常をお知らせするため、事故を防ぐことができます。

防水防塵性能 IP67

AeropexはIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しており、 規格上 水深1mで30分の水没にも耐えられます。 そのため、 激しい雨や汗のなかで使用したとしても、 問題はありません。

30%小さく、15%軽量化を実現

Aeropexは従来機種※と比べ、より小さく、極限まで「軽さ」を追求しました。従来機種に採用されていた独自技術「PremiumPitch+」をさらに強化させた「PremiumPitch 2+」を搭載。小型でありながら音質はさらに向上しています。 
※AfterShokz AIRと比較した場合

音漏れを50%カット

Aeropexは、新しい音漏れ防止構造により、従来機種と比較して音漏れを50%減少することに成功しました。従来の機種にあった音漏れ防止用の穴が不要となり、ヘッドホンの防塵・防水性能IP67の実現にも繋がりました。
※AfterShokz AIRと比較した場合

連続再生8時間の長持ちバッテリー

AfterShokzの従来機種 AIRは、世界最軽量クラスのヘッドバンド型でありながら6時間のバッテリー時間を持っていました。今回、登場するAeropexは、軽量化を図りながらもバッテリーは連続再生8時間(待機時間最大10日間)と、さらに強化。仮に、毎日の通勤で1時間使用したとしても充電は1週間に一度でOK。こまめに充電する煩わしさもありません。

製品仕様

商品名AfterShokz Aeropex(アフターショックス エアロペクス)
カラーソーラーレッド
型番AFT-EP-000014
JAN4512223687389
価格18,180円(税別)
本体サイズ約100(W)× 122(H)× 35(D)mm、約340mm(伸長時の長さ)
重量約26g
パッケージサイズ約135(W)× 198(H)× 70(D)mm(フック込み)
パッケージ重量約472g
スピーカータイプ骨伝導(Bone conduction transducer)
周波数特性20Hz – 20KHz
感度105±3dB
マイク特性-38dB±3dB
Bluetooth® バージョンBluetooth® 5.0
対応プロファイルA2DP、AVRCP、HSP、HFP
充電電圧5V±5%
スピーカーインピーダンス8.5Ω ±20%
周波数帯域2402MHz – 2480MHz
最大RF出力4dBm
ワイヤレス・レンジ10m
連続再生時間最大8時間
待機時間最大10日間
充電時間約2時間
防水防塵性能IP67
バッテリー容量145mAh
保証期間購入日より2年間

同梱

  • AfterShokz Aeropex 本体
  • マグネット充電ケーブル(2本)
  • シリコン製オリジナルポーチ
  • イヤープラグ(耳栓)
  • ユーザガイド(日本語を含む12言語対応)
  • 保証書(2年保証)

ご購入はこちら

SHOP FOCAL
https://shop.focal.co.jp/product/aftershokz-aeropex/

フォーカルポイントダイレクト Yahoo!店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/focalpoint/aft-ep-000011-p.html


AfterShokzについて

2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。特許を取得した骨伝導技術を取り入れたヘッドホンで「すべての人が使える」をテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しています。 

フォーカルポイントは、日本最大のiPhone×アートイベント「iPhoneケース展 in名古屋」に出展します

フォーカルポイントは、日本最大のiPhone×アートイベント「iPhoneケース展 in名古屋」に出展します

フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、 代表取締役 恩田英樹 以下フォーカルポイント)は、 2019年11月23日(土)~24日(日)に名古屋 デザインホールにて開催される「iPhoneケース展 -iPhone Creative Festa2019-」に出展します。

フォーカルポイント株式会社(本社:横浜市中区山下町、 代表取締役 恩田英樹 以下フォーカルポイント)は、 2019年11月23日(土)~24日(日)に名古屋デザインホールにて開催される「iPhoneケース展 -iPhone Creative Festa2019-」に出展します。

フォーカルポイントのブースでは、いま話題の骨伝導ワイヤレスヘッドホン「AfterShokz Aeropex」をはじめ、iPhoneを充電しながらバックアップできる「Qubii Pro」、そしてイヤホン型の翻訳機「WT2 Plus」、そしてIK Multimedia製品を会場特別価格にて販売いたします。

AfterShokz Aeropex

すべてはスポーツのために、極限までの軽量化と、最高の音質を追求し、 150を超える世界の特許技術を採用した骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。スマートフォンやPCなどとBluetoothで接続してオーディオを楽しむことができます。従来機種※と比較して15%の軽量化、専用のマグネット式充電ポートを搭載、Bluetooth 5.0を採用し、これまで以上に低音域のレンジをカバーするなど、より音質を追求したヘッドホンとしての性能と使いやすさを実現しています。
なお、本製品は一般販売前に実施したクラウドファンディングにおいて、実質14日間で目標額を大きく上回る2600%以上の出資を集めるなど、販売前から非常に多くの注目を受けました。また、グッドデザイン2019を受賞、VGP 2020を受賞するなど、非常に高い評価を受け続けています。
※AfterShokz AIRと比較した場合

  • GOOD DESIGN 2019 受賞
  • VGP 2020 骨伝導ヘッドホン部門 金賞

Qubii Pro

Qubii Proは、iPhoneの充電と同時に写真や動画、連絡先、iTunesミュージックまで、簡単にバックアップできるソリューションです。
インターネットへの接続不要で、iPhone内の写真や動画、 連絡先、iTunesミュージック、SNSにアップした写真などをバックアップできます。さらにファイルApp内のファイルをMicro SDカードへ移動することができ、iPhoneに接続するUSBメモリのように外部ストレージとして使用することができます。Qubii Pro本体は、そのままMicro SDカードリーダーになるため、MacやPCにも簡単にデータ移行ができます。

WT2 Plus

WT2 Plusは、イヤホン型リアルタイムウェアラブル翻訳機です。アプリ「WT2 Plus」をインストールして、Bluetoothでイヤホンと繋ぐだけ。相手に片方のイヤホンを渡すだけで、異なる言語に心配する必要もなく、コミュニケーションを取ることができます。

【開催概要】

名称:iPhoneケース展 -iPhone Creative Festa2019-
期間:下記2日間

  • 2019年11月23日(土)13:00~18:00
  • 2019年11月24日(日)10:00~17:00 

ブース番号:G-07/G-08
入場料:無料

【会場】
デザインホール(ナディアパーク内 3F)
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3丁目18-1
地下鉄東山線「栄駅」より徒歩約7分、地下鉄名城線「矢場町駅」より徒歩約5分
公式サイト: https://iphone-caseten.com

AfterShokz Aeropexが『MONOQLO 2020年1月号』で年間総合BEST BUY 2019に選ばれました

AfterShokz Aeropexが『MONOQLO 2020年1月号』で年間総合BEST BUY 2019に選ばれました

フォーカルポイントが国内販売代理店として取り扱いをしている「AfterShokz Aeropex」が『MONOQLO 2020年1月号』で年間総合BEST BUY 2019に選ばれました。

「2019年 “当たり前”を変えた次世代オーディオ」として、運動時に最適なイヤホンとして評価をいただきました。

「スポーツのながら聴き」を確立させた新定番

MONOQLO 2020年1月号

従来のヘッドホンは、耳を塞いでしまうため周囲の音が聞こえず、マラソンをはじめとするスポーツなどには向いていないと言われていました。しかし、「骨伝導ヘッドホン」は耳を塞ぎません。

こめかみにイヤーヘッドが接するスタイルで、常に耳が開かれているため、自転車が近づく音、信号や踏切、駅のアナウンスにいたるまで聞き逃すことがありません。そのため、ジョギングや散歩、 通勤中でも安心してご利用いただけます。

アフターショックス について

2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。特許を取得した骨伝導技術を取り入れたヘッドホンで「すべての人が使える」をテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しています。